読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

You're so fantastic.

にわかファイターズファンのブログです

2016年シーズン振り返り⑥

観戦記録 岡大海 上原健太

 今年の観戦記録をぼちぼち振り返っていたら、気づけばもう年末に…。なんとか今年中に振り返っておきたい所存。

 

2016/9/11 (イースタンイーグルス戦@鎌ヶ谷スタジアム

8月の東京ドーム3連戦も終わってしまい、これは今シーズン1回も大海が見れないパターンなのでは…?としょんぼりしていたところ、9月に入って実戦復帰のニュース。
こ、これは…これは行かねば…!と駆け付けた鎌ヶ谷スタジアム。

f:id:ohnorimaki:20161221215854j:plain

小雨が降ったり止んだり。

 

いましたよ、岡大海さん。

f:id:ohnorimaki:20161221221627j:plain

やっと見れた…!!!よかったー!!!

 

この日は4番DHでの出場で、1打席目に早速2ベースヒット。守備にはつかなかったし2打席で交代だったのでまだ足の状態は様子見かなのかなーという感じだったけど、バッティングはもう絶好調。そしたら案の定、この翌々日の9/13には1軍昇格でした。
しかし実戦復帰から昇格までがあっという間すぎてびっくりした。

 

試合中の大海は、本当に文句なしでかっこいいね…。美。

f:id:ohnorimaki:20161221214154j:plain

f:id:ohnorimaki:20161221214155j:plain

f:id:ohnorimaki:20161221214156j:plain

f:id:ohnorimaki:20161221214158j:plain

f:id:ohnorimaki:20161221214159j:plain

打席での所作も走る姿も、どこを切り取っても画になるね…。かっこいい。

続きを読む

岡大海選手、背番号変更(#31→#18)

岡大海 新聞記事

岡大海選手の背番号変更のニュース。ええええーーーーっ。

 

※2016/12/21追記。球団からも正式に発表がありました。

 

個人的には#31が結構好きだったので寂しい…。でもまぁ、球団からの期待の表れかなぁと思うので、嫌だー!というほどではないかも。
それにしても毎度毎度、予想もつかない背番号を繰り出してくるよねファイターズは…。むしろ意地でも予想させないぞくらいのこだわりすら感じる。

 

新しいレプユニ買わねばー。

f:id:ohnorimaki:20161220201636j:plain

岡大海選手、契約更改

岡大海 新聞記事

岡大海選手の契約更改のニュース。大きいポリーちゃんのぬいぐるみ持たされてのお写真が各紙に。

 

各紙の記事

日刊は正面から。

headlines.yahoo.co.jp

 報知は横から。

headlines.yahoo.co.jp

 スポニチは斜めから。(ちょっと画質荒くない?)

headlines.yahoo.co.jp

 

会見コメント

ファイターズDEナイトで放送された、契約後の囲み会見のコメント全文。

 

(記者)サインの方は?
(岡) あ、サインしました。はい。500万円アップの2300万円でサインさせていただきました。
(記者)想定していた金額と比べていかがでしたか?
(岡) そうですね、まぁ、自分が思った範囲の中にありました。1年間(通して)野球が出来ていない、怪我してしまった部分がありましたけど、試合に出ている部分で貢献度をすごく評価していただけました。僕自身もやっぱり、今年は、チームとしてはうれしい結果になりましたけど、個人的には悔しい結果の方が大半なので、また頑張りたいという気持ちを伝えさせていただきました。チームとしては、優勝して最高の形でしたけど、自分自身のことだけを考えると全然納得のいかないシーズンだったので。この気持ちを来期にぶつけたいなっていう思いはあります。
(記者)来年は陽岱鋼(選手)もいなくなりますが、どういうポジションを勝ち取りたいですか?
(岡) そうですね、来期は絶対レギュラーを獲るという気持ちですし、ダイさんの穴を埋めるんではなくて、それを超えるような成績を残していきたい、そういう気持ちでいます。やっぱり、シーズン通して全試合出場したいですし、その中でも盗塁30個っていうのは自分の中で目標にしてやっていきたいと思っています。
(記者)(年俸が)上がった分で買いたいものとかはありますか?
(岡) そうですね、自分自身まだまだな部分があるので、自分に良い方向に投資できたらいいのかなとは思います。うーん、自分の体をケアするための道具であったりとか、体を強くするための食事という面ではすごくこだわっていきたいなと思います。
(記者)抱負をお願いします。
(岡) やっぱりチームとしては二連覇したいという気持ちはありますし、自分自身も、シーズン通して全試合出場して、優勝に貢献出来たらいいなと思います。 

 

 以下は囲み会見後の取材の内容。

  • 年内は鎌ヶ谷でトレーニングする予定。
  • 試合に出ていないという自覚があったが、良い評価をしていただいたという印象。足の怪我を何度もして、怪我をしたから走れないと思われないために、30盗塁というのを目標に掲げる。
  • 体質改善をするために、摂取するものも変えていきたい。
  • 12/1~3に田中賢介選手に教わって断食をした。結果、3,4キロ体重が落ちた。すっきりしたし、ツラくはなかった。体を絞るというより、体質を改善することが目的。体重はこれから戻して、むしろ前よりも増やしていきたい。筋力アップはもちろん、股関節やあばら骨の1本1本など、動かすところ全てを意識してトレーニングしたい。

------------------------

今季から500万円増で2300万円、ということで、もっと上げてあげてよ~~~~という気持ちもありつつ、出場試合数が少ないなかでこの評価なのはやっぱり期待の表れなのだろうなぁとも。なんかおっきいぬいぐるみ持たされてるし。

相変わらずややたどたどしい喋り口ながらも、抱負や決意を述べるときはきっぱりと力強い口調になるところが頼もしいなぁと思う。「ダイさんを超えたい」というコメントが聞けたのがうれしい。頑張ってね。

 

2016年、買ってよかった物:LUMIX DMC-FZ1000

その他

お題その2「今年、買ってよかった物」

 

2016年の買い物といえば、LUMIX DMC-FZ1000。

panasonic.jp

高倍率ズームレンズ搭載のコンパクトデジタルカメラ。これ、4月に購入したのだけど、わりとすぐ後に生産終了になっていて寂しい…。まだ後継機出てないみたいだけど、どうなるんだろうか。

 

コンデジとはいえ、総重量831gのヘビー級。レンズも結構ごついので、人に見せると大体「あ、一眼レフ買ったんだ!…え?コンデジ…?」ってなる。でも見た目ほどは重くない。何といっても気軽に持ち歩けるのが良いです。電池持ちもそこそこ。一試合でフルに撮りまくるぞーみたいなときはさすがに予備電池持ってくけど、一回交換すれば試合前練習~延長戦まで行けた。

 

これは東京ドームの内野A指定席、3列目(実質最前)から。

f:id:ohnorimaki:20161202211951j:plain

 

これは西武ドームの内野指定席C、上段8列目から。

f:id:ohnorimaki:20161202214246j:plain

 

その他、ブログで上げてる写真は大体このFZ1000で撮影したもの。がっつり望遠のカメラって持ったことがないので、比較対象がないんだけど、内野席のそこそこの席から選手を撮りたい、というニーズであればこのクラスでも十分なんじゃないかなーと思っている。満足。買ってよかった。

 

なにより、カメラ持ってくと球場に行く楽しみが倍増ですよ。野球観戦のお供にカメラ、おすすめです。

 

先輩に噛みつく…?

岡大海 新聞記事


日本ハム岡の奇行「後ろからガブっと」宮西を噛んだ (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

岡大海さんのキャラ設定がどんどんおかしなことに…。お酒に酔うと先輩に噛みついちゃうの?どういうことなの?

 

あと、

 

絵がだいぶヤバい。

 

というわけで、いまのところ私が把握している岡大海さんの特徴は以下のとおりです。

  • 身体能力が高い
  • 普段は温厚で大人しいが、試合では熱血漢
  • お腹が弱くて食が細い
  • 滑舌がよくない
  • 緊張すると声が震える
  • お酒はあまり強くない
  • お酒に酔うと先輩に噛みついちゃう(感謝の気持ちから) ←New!
  • 絵のセンスが壊滅的 ←New!

良いキャラしてるね。

パ・リーグTVでファンフェスVOD

岡大海

パ・リーグTV様がファイターズファンフェスティバルの映像を配信してくださっている~~~ありがたや~~~~

tv.pacificleague.jp

 

岡ファン的にはむちゃぶりストラックアウトが楽しい。

若手陣+矢野先輩の野手チーム、リアクションも息ぴったりでとてもチームワークが良い。投手チームも最年長が増井さんなので超ほのぼのしてる。かわいい…。 

 

あと、

 新垣さんはすごい。カキさん、真顔だととってもお高貴な顔立ちなのに…なぜこんなキャラなのか…。振り切れすぎている。

 

現地行けない民的にはGAORA生中継とかパ・リーグTVのVODとかとにかくありがたい限り。ファンフェス、楽しそうだなー。

HBCラジオ優勝パレード特番 岡大海選手・高梨裕稔投手ゲスト出演書き起こし(2016/11/20放送分)③

岡大海 ラジオ

ohnorimaki.hatenablog.com

ohnorimaki.hatenablog.com

①、②の続き。これでラスト。それにしても、こうやって話題に出たシーンの動画がすぐにネットで見れるの、超便利。良い世の中だな。パ・リーグTV様様です。

 

------------------------

■今シーズンのベストゲーム by高梨投手

(こず)(リスナーからのお便りを読む)「お2人の今シーズンのベストゲームってどの試合でしょうか」ということなんですが。高梨投手はいかがですか?
(高梨)そうっスねぇ、ちょっと、2つあるんですけど。7/1のソフトバンク戦の7回無失点の試合と、やっぱり初完封の楽天戦じゃないかなと。

 

※ 2016/7/1 ソフトバンク戦。高梨投手は7回無失点の好投。

※ 2016/8/13 楽天戦。高梨投手、プロ初完封勝利の試合。


(こず)じゃあそのどちらか聞いてもらいましょうかね、せっかくなので。ラジオの音源があるので。じゃあ、初完封の方を聞いてもらいましょうか。
<2016/8/13 楽天戦のゲームセットの実況が流れる>
(こず)はい、これは仙台(コボスタジアム宮城)で、イーグルス戦。
(渕上)これ、則本投手に投げ勝ったゲームですもんね。
(高梨)そうですね、はい。いやほんとにあの、誰もが則本さんが勝つと思っていたであろう中で、完封という、あのー、一番良い結果が生まれたので。これはほんとにベストだったのかなと思いました。
(こず)岡選手、同期として、高梨投手の今年の活躍ってどんな風にご覧になってました?
(岡) そうですねーやっぱり、見てて、「あ、勝てる」っていうのが思いますね。真っ直ぐとかでも、何て言うんですかね、打者に勝ってましたし。そういう部分が安心してすごく、見てましたね。 
(こず)先発としては負けないままレギュラーシーズンが終わったんですよね。高梨投手。
(高梨)ま、そうなんですけど、結果的には。ほんとにあのー、野手の皆さんの援護だったりとか、中継ぎの方が僕のあとをしっかり投げてくれたので、そういう結果になったと思うので。はい、僕だけの力じゃないです。全く。
(渕上)でも、ホークス戦でね?7/1もそうですけど、そのあとの7月末、8月も、大事なところで有原投手と大谷投手と3人でホーク相手に好投を演じたっていう。やっぱりこれ優勝する上で大きかったわけじゃないですか。どうでした? 
(高梨)そうですね、無我夢中で投げてたので。あのーいまとなっては、良く出来た方かなと思いますね。
(渕上)白村投手が、高梨投手のことを「今年性格変わった」って言ってましたよ。
(高梨)ほんとですか。
(渕上)はい。あのね、「以前一軍に上がってきた頃は、『ボール通用するのかな、大丈夫だよね』って僕にいっつも訊いてきたんですよ。でもいまは、『打ってもバッターは3割だし、6割7割は打てないから何とかなるでしょ』って。あーこいつ変わったなって思った。」って。
(高梨)はい(苦笑) まぁ、そのきっかけもやっぱ白村で。
(渕上)ほう。
(高梨)あいつ結構、何でもポジティブなんですよ。なのでもう、野球のとこだけを尊敬して。その、マイナスのことを野球の中で考えないようにしてからが、ほんとに良い結果につながるようになりましたね。
(こず)はー、お互い影響し合ってね。もうこれはね、今年、新人王ですから。
(渕上)そうですね。
(こず)ええ、ええ。もう、私決めました。高梨投手、新人王です。
(渕上)私決めました(笑) 栗山監督も言ってますからね。
(高梨)いただいて良いですか?
(こず)差し上げましょう!
(渕上)そんな簡単に言って…(笑)

 

■今シーズンのベストゲームby岡選手

(こず)さぁそれでは、岡選手のシーンも1つ聞いていただきたいなと思うんですが。先ほどね、事前に選んでいただいたんですけれども、これは10/16のCS第5戦なんですが、2点ビハインドの4回裏、1アウト満塁で代打として出場したこのシーンです。

 

※2016/10/16 クライマックスシリーズファイナル第5戦。岡選手は、代打で途中出場し見事2点タイムリーを放つ。

 
<2016/10/16 CSファイナル第5戦、4回裏のタイムリーヒットのシーンの実況が流れる>
(こず)このときの岡選手のガッツポーズ、かっこよかったですね。
(岡) ありがとうございます。ふふふっ(笑) 
(高梨)かわいかったっス。
(こず)そうそうそうそう!こうガーンっていうんじゃなくて、1回左手をキッって上げてから右手をガンって上げる、すんごいかわいいポーズで。
(渕上)かわいいポーズ。本人は?
(岡) あんま覚えてないっスね。 
(こず)やっぱりあれはね、自然に出るものですもんね。でもこのシーンのことは覚えてますか。
(岡) あ、覚えてますね。代打でしたし、4回ってところで結構早めだったんですけど。まぁ自分の中でも早めに準備はしてたんで、しっかり準備した中で打席には立ちましたね。はい。 
(渕上)キャッチャーの大野選手に代わってですもんね。やっぱりああいう状況って、監督が「ここ大事だ」って思ってるなってのは伝わるものなんですか。
(岡) そうですね。大事だなぁ、と思いましたし。打席の中でも「何とかしないといけない」っていうのは思いましたね。 
(こず)岡選手が一年目から一軍で活躍されてることは、高梨投手はどういう風にご覧になってましたか。
(高梨)ほんとに良い刺激というか、あのー、頑張らなきゃいけないなと自分も思いましたし。いつかほんと、自分もその舞台でやりたいなと思っていたので。今年一緒にやれて、うれしかったです。
(こず)今年は初めて2人とも一軍にずっといて、っていうね。途中ちょっとね、怪我もありましたけど。
(岡) 僕はちょこっとしかいなかったですけどね(苦笑) 
(こず)いやいやいやでも、いるときの活躍が!
(渕上)印象がもうね、全試合出場してるのかくらいの印象があるというね。
(こず)だって監督ですらね、「神じゃないか!?」っていう話をしてらっしゃいましたもんね。
(渕上)あの日本シリーズの4戦目ですか、9回の宮西投手が投げてたときのあのファインプレーね。
(岡) ああ、はい。
(渕上)あの試合を栗山監督、何言ってたか知ってます?
(岡) コメントは見たことあります。
(渕上)見ました?「人間じゃなかったのかと思った」って。

 

※この記事の後半に載ってる栗山監督のコメント。

headlines.yahoo.co.jp
(岡) それって褒めてんスかねぇ…(笑) 
<一同、笑い>
(渕上)いや褒めてる!人間離れしてるという、岡さんの身体能力の高さをね、評価してるという。
(岡) でも結構あのシーン、取ったあとに倒れこんだときになんかえび反りみたいになってるの、めっちゃ皆にバカにされたんスよ。 
(高梨)いやあのとき僕も見てたんですけど、取ったのまずすごい!ってなるじゃないですか。でもあの「バイーン!」みたいなので、次に爆笑が出てきました。
(こず)しなってましたよね。
(渕上)しゃちほこのような。いやぁ、体が柔らかいってことですか。
(岡) そうですよね?はい。 
(こず)素敵でしたよ!

続きを読む